So-net無料ブログ作成
検索選択

技巧がどうのじゃなくて [Music]

読書No.2017-002 : どこかでベートーヴェン (『このミス』大賞シリーズ)

 ベートーヴェンのAppassionata、聴けば聴くほど曲は男っぽい。自分の頭の中では彼の曲は男が描く男、男が描く女、みたいな所がショパンやモーツァルト大分違う。何と言うのかな。言葉下手な、周りの見えていない愛情に目が眩んだ男のような印象。愛の対象は異性でもモノでも音楽でも良くて、恐らく聴く人の解釈によるものなのだろうが、煩悩に自ら没頭する事で脳内アドレナリンを爆発させている感じ。

ここからは先はちょっと設定のネタバレ含む。Whiteravenの脳内爆発するので深入りは?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

号泣 [Music]

本日の鑑賞:Say Something (I'm Giving Up On You) by A Great Big World featuring Christina Aguilera

 最初この歌を聴いた時、哀しくなりすぎるので、出だしを聞いてすぐに聞きたくなくなった。だが、あまりにも周囲で流れているため仕方なくきいていた。歌詞付きの映像をネットで見ながら、きちんと歌詞を確認したところ、やはり哀しくなる。最後まで聞いた後、もう一度歌詞を確認しようと頭からよく聞いてみたところ、実はデュエットだった。女性のヴォーカルがなんだかとても上手くて、男性ヴォーカルのシンプルだが微妙な歌い回しにピタッと寄り添うように歌っており、男性ヴォーカルのメインの旋律を全く邪魔する事なく、それでも主張が弱すぎる事なく、ハーモニーで更に音に深みを与えていた。
余りに完璧なデュエットだったので最初は意識しなかったのだ。

 曲をよくよく調べていたところ、参加している女性ヴォーカルは自分もアルバムを持っているクリスティーナアギレラだった。こんな歌い方も出来るのかと大変驚いた。歌唱力が有るのは知っているが、やはり上手い。
 歌の上手い理解力のある人は、デュエットでメイン旋律ではなく、サブの旋律で主役にハモっている時にその凄さがわかる。決してメインパートを邪魔しない。曲の雰囲気を大切にして自己主張をしすぎず、サブに徹しているが、和音は揺らぎなく(引きずられない)、メインを受け止めて曲を紡いでいく。同一歌手の多重録音ではこの感覚はない。

 相変わらず、歌詞は哀しくて聞いていると色々想像してしまい、胸が痛くなってしまうのだが、歌詞の内容とは裏腹に、一人だけの男性パートは冒頭だけで、そっと女性の声が忍び込んで来たあとは、最後の最後までずっと二人の声が本当に優しく寄り添いあっている処が自分の中ではカタルシスであり、終わりまで聴き通すことができるようになった。
ソロバージョンも有るのだが、デュエットバージョンを聞いた後に聞くと、孤独すぎて、かえって言葉を掛け続けている隣にいるはずの誰かを意識する事ができない。

号泣である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

一度きり [Music]

本日の鑑賞:Dennis Deyoung Desert Moon

時は過ぎる ほんの一瞬の間に 瞬く間に

喜びも 悲しみも 生と死の前で 出会いと別れの前で

昇華されていく

誰かを大事にしようと思ったらとことん大事にした方が良い。
明日をも知れないと張りつめる事無く、優しい包容でもって愛するといい。
二度手に入れられるのは幸せだ、一度きりを大事に出来る者も幸せだ。
愛されるかではなく愛せるか、きっと分からない、その時が来る迄は。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

永遠の素朴、過去と未来 [Music]

 今日はドライブ中にラジオで「君をのせて」久石譲作曲、宮崎駿作詞のリミックスバージョンを聞いてしまった。涙が出そうになって半泣き状態で帰ってから、もう一度聞きたくなりネット上で探してみると、歌詞シンプル日本語のため、英語バージョンは幾多も有り、かなり様々な解釈と言い回しが使われている様だ。
 日本語ではあれ以上簡潔に出来ないだろうと言う位に簡単な歌詞だが、これがまた映画のラストで「テッテッタ、テッテッタ、テッテッタ、テッ♪あの」と始まると、ボルテージが一気に上がって朝と夜、繰り返される人の営み、時代の引き継ぎ、明日への希望というテーマで思い出が甦ってどんなに落ち込んでいても浮上出来てしまう。

 素晴らしい曲と歌詞ってのは、多くを語らないのに訴えるものである。曲は短調のえらく難しい曲だが、何の疑問も持ち得ずに記憶される程インパクトが有る。歌詞で語られるのは、物質的には一切れのパンとナイフとランプと鞄。精神的には父母の熱い想いとまなざし、自分自身が持つ希望と強さ、そして自分以外の存在への憧れと期待。おおよそ何も無いが生きる為に必要なものは殆ど有る。

 様々な人生は有れど、いつか滅びる。それまでどのように生きるか。大人なら涙なくしては聴けない一曲である。

読書No.2013-039 : 心理学的にありえない 上

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Cease Fire をヘビロテ。 [Music]

本日の鑑賞:Christina Aguilera -LOTUS-

はっちゃけてセクシーアギレラも好きだが、まるで「裏返し」た様な、メッセージの強い曲もこんな風に歌えるとは素敵だ。本人がどのような人かは知らないが、歌は好きだ。とにかく上手だし。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog