So-net無料ブログ作成
検索選択

推理小説は好きではない、ただそのうちの小さなドラマが好きなのだ [Books]

Huluのドラマで見てから「小説とは別物」という事で小説の方を読み始める。小説が原作の場合、キャラクターのイメージは想像している方が面白い。ただ、映像化されているものを見てから文字に入ったとしても、字面の性格が映像と異なっていれば、自分なりの登場人物を思い描くのはそれほど苦でもない。

読書No.2017-005 : モロッコ水晶の謎 (講談社文庫)

読書No.2017-006 : 海のある奈良に死す (角川文庫)

読書No.2017-007 : ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)

読書No.2017-008 : スイス時計の謎 (講談社文庫)

読書No.2017-009 : 長い廊下がある家 (カッパ・ノベルス)

読書No.2017-010 : 江神二郎の洞察 (創元クライム・クラブ)

読書No.2017-011 : 月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)

読書No.2017-012 : ブラジル蝶の謎 (講談社文庫)

読書No.2017-013 : 英国庭園の謎 (講談社文庫)

読書No.2017-014 : ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)

読書No.2017-015 : 朱色の研究 (角川文庫)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。