So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

クリスマスイブの人出多過ぎ [Diary]

横浜は自分には都会であるが、多少地味な所もある故にイブでもそれ程の人出は想像していなかったが、兎に角人がペンギンの様にヨチヨチ歩きしかできないほど溢れていたみなとみらい。
一体全体何処からコレほどの人が。と思うぐらいにぎゅう詰めだった。イブなんて人が少なくなると思ったらそうでもなく、海の見える公園などはレジャーシート持ってコーヒーを魔法瓶に入れてサンドイッチ持って散歩が定番だったが、人が多過ぎて荷物を持って歩くのは苦痛なぐらいであった。日本人はクリスマスのこのキラキラ感が好きなのだろうが、自分は宗教の本来の地味で泥臭いマインドセットとは相容れない商魂たくましい人達の活気が何ともミスマッチ過ぎて苦笑いするしかない。
ニヒリストでもシニックでもないが全く別物と化した季節の風物詩はやはりどこか上滑りしている感じが否めない。

ただ思うのは、みな小さくても確実に幸せを感じているならば、それをしっかり感じていると良いなという事。今この一瞬が、記憶の片隅に残り明日への期待に繋がるのならば。

読書No.2017-026 : 妃は船を沈める

読書No.2017-027 : 大鴉の啼く冬

読書No.2017-028 : 知力を鍛える究極パズル
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

一年過ぎるのが早過ぎる [Books]

読書No.2017-023 : 水の葬送 (創元推理文庫)
シリーズ物。初めて読んだが面白いので、前作も読んでみようと思う。

読書No.2017-024 : 女王国の城 上 (創元推理文庫)
シリーズ物。長編では最新(2007年作)のもの。

読書No.2017-025 : クラシックシリーズ12 千里眼 背徳のシンデレラ 完全版 上 (角川文庫)
これもシリーズ物、あまり続けて読んだ事はないが、時間のある時に読むのであれば読みにくさはなく負担が少ない作品群。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

味噌がいいのか [Diary]

 本日はファーマーズマーケットのイキのいい里芋とサツマイモと豚肉を使用して豚汁を作ってみた。合わせの麹たっぷり味噌で程良く甘くなる。ほうれん草の胡麻和えなどと合わせるとご飯が進む。。。

 最近は胴回りに貫禄がついてくる予兆があるためなるべく大食控えなければならないのだが、風邪を引いて今日は1日部屋にこもっていたせいで運動不足だ。明日一駅歩く事にするかな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

横浜はみなとみらいをぷらぷら [Diary]

 今日は天気も良かったし、少し散歩がてら横浜の伊勢佐木町界隈とみなとみらいを散歩してきた。軽く歩いてお腹が空いたので、まだ入った事のないラーメン屋さん「戸みら伊」と言う所で一杯いただいた。結構美味しかった。スープがとろっとしているぐらい濃いので、麺の大盛りでもいいが、食べきれないと困るので普通盛り。

 金曜日から日曜にかけて、パシフィコ横浜で「横浜骨董ワールド」開催しているので、そちらにもぶらり。古いものってなんだかじんとくる。自分の周りにはクラッシャーが多いので、物を大事に、何年にも渡って使い続けるってのは非常に気を使うものだという実感がある。どんなに高価なものでも壊してしまえばそれきりになる事もあるし、安い紙の本がいつまでも人の手を渡りつつ残っていく事もあるし、不思議だ。最近は全く物を持たない人たちの部屋を見て何も思わなくなった。視覚的な刺激もなく、触覚的な刺激もなく、きっと自分は心が動かなくなってしまう。
だからきっと生活の場に空っぽの部屋があったとしてもいいけれど、それ以外の所で新しいもの、何か古いものがないと落ち着かないからやはり色々また集めてしまうんだろうな。今は無理をしない程度に少しずつ変遷しながらも、長く持てるものを大事に使う生活になった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

その時代、その場所を想像する [Books]

読書No.2017-022 : ねじれた文字、ねじれた路 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
多分今まで読んだことのない著者の本だったと思うが、最後までどんどん読んでしまった。物語は淡々と進んでいくが、どこも読み飛ばせない書き方で、読み応えがあったと思う。

人と人との間に流れる緊張感の描写が秀逸。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の5件 | -